11月8日は「いい歯の日」

皆さまご存知でしたか?11月8日は「いい歯の日」
今朝J-WAVEを聴いていたらジョン・カビラさんがそんな話をしていました。
番組では「いい歯の日」にちなんで、世界の「デンタルケア、オーラルケア」について
スウェーデンと中国に電話を繋いで話をきいていましたよ。

いい歯の日

予防先進国と言われ熱心なイメージの「スウェーデン」ではオーラルケアの意識が非常に高い国だそうです。
うんうん。納得できます。
歯間ブラシを7割の人が使用。1年間の歯ブラシの使用本数は12本。
バクテリアがブラシに付着することで、毎月きちんと変えているんですね。
定期健診は3~6ヶ月に1度行く人がほとんど。
小さな頃からフッ素での虫歯予防もしっかり行い、12歳までは親がきちんとケアするそうです。
うがい薬にもフッ化物が使用されていることから、うがい薬でしっかりうがいもするそうです。

一方中国では朝、晩、家での歯みがきがごくごく普通に行われていて、日本のOLさんのように
お昼休みに磨く人はあまりいないみたいです。
個人経営の診療所と歯科医院があり、少し前までは「歯が痛い!」と診療所に行くと
その場ですぐに歯を抜かれていた。と電話の向こうの女性は話していました。恐いです…。(-_-;)
最近では、特に若い方の間で審美歯科、矯正が人気。1回1万円するクリーンングに通っている人も多いそうです。
「歯の美しさを重視している」こちらもまた、らしい。と思いながら納得しちゃいました。

日本では「8020運動」が推進され「80歳になっても自分の歯を20本保とう!」と言われていますね。
歯の多い人ほど高齢者は認知症になりにくく、要介護になりやすい疾患を予防し、健康寿命を延伸する可能性があると思われているそうです。
健康寿命を少しでも延ばせるよう、今日は「歯の予防」についても考えてみましょう☆

香りブランディングコンサルタント
矢吹 裕子